離婚 解決事例|有責配偶者であったが,離婚が成立した事例|静岡事務所

ご相談窓口

054-201-9677

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

054-201-9677

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

有責配偶者であったが,離婚が成立した事例

ご相談内容

すでに,配偶者とは別居状態になって何年も立ちますが,相手方は別居にいたった原因が自分にあることから一切離婚に応じてもらえません。 最近になっては,もはや話し合いにすらなりません。 自分で調べたところ,有責配偶者からの離婚請求は認められないと聞いたことがあります。 私は離婚できないのでしょうかとご相談に来られました。

解決事例

最初は協議での離婚の申し入れを行ないましたが,やはり最初は断固として離婚を拒まれてしまいました。 しかし,協議だけでは解決が難しそうであったので,離婚調停を申し立てて,離婚調停の中で,調停委員も交えて粘り強く協議をした結果,相手方の結局の離婚にむけての不安を解消し,無事離婚が成立しました。

ポイント

たしかに,有責配偶者からの離婚請求は訴訟でも認められないケースはよく見受けられます。 ただし,有責配偶者も離婚請求をしてはいけないわけではないですし,交渉の中で相手方が条件次第では離婚に応じると意向が変わることもありますので,諦めずに交渉を続けることに一定の意義はあると思われます。 ただし,必ず結果が保証されるものではないので,見通しをたてる意味でも一度弁護士に相談されることをおすすめします。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。