離婚 解決事例|不貞行為の損害賠償請求をうけ,口外禁止条項をいれて解決した事例|静岡事務所

ご相談窓口

054-201-9677

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

054-201-9677

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

不貞行為の損害賠償請求をうけ,口外禁止条項をいれて解決した事例

ご相談内容

不貞行為があったとして、慰謝料の請求をされました。適正なものは支払う意向ですが、職場に連絡をされたりすると困るとご相談にいらっしゃいました。

解決事例

不貞行為の存在そのものは争いではありませんでしたが、慰謝料金額として、相場より高額な請求をしてきていたため、金額に関する交渉を行いました。また、口外禁止条項を入れることを交渉し、職場その他の第三者に広まってしまうことがないように、交渉をいたしました。その結果、相場に近い慰謝料金額と、口外禁止条項の入った示談を、速やかに締結することができました。

ポイント

不貞行為があった場合、配偶者からは慰謝料の請求を受けることになります。そのような場合、慰謝料の金額について争いになることや、感情的な問題で、職場や知人に不貞行為の事実を明らかにされるということが起こることがあります。そのような場合、既に行われている場合には速やかにそのようなことをしないように要望し、また、場合によっては、示談の際に、第三者への口外を禁止する条項を入れることができることがあります。お悩みの際には、ぜひ当事務所までご相談を頂ければと思います。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。