離婚 解決事例|不貞行為があったが,弁護士依頼から2か月半で協議離婚が成立した事例|静岡事務所

ご相談窓口

054-201-9677

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

054-201-9677

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

不貞行為があったが,弁護士依頼から2か月半で協議離婚が成立した事例

ご相談内容

Aさんは,不貞が妻に発覚し,妻が自宅を出ていき数日後に妻の代理人から離婚協議の申し入れを受けました。Aさん自身も自らの行為を反省し,離婚に応じる意向でした。妻からの離婚条件も明らかな過大請求ではなかったため,妻も早期離婚を求めていると考え,スピード解決を目指すことにしました。

解決事例

Aさんの財産状況を確認し,調停や訴訟になった場合に想定される財産分与額を算定しました。その上で,相手方が「調停を起こさなくても,これだけもらえるなら」と考えるであろう金額を提示しました。その後,若干の金額の増額や支払方法について交渉を行いましたが,弁護士に依頼してから2か月半で離婚協議書を取り交わすことができました。
また,妻からは婚姻費用の請求も受けていましたが,控えめに算定した婚姻費用を早期から支払うことで,相手方に離婚協議のみに集中してもらい,婚姻費用の問題を争点から外すことができました。

ポイント

弁護士に依頼すると,争いが複雑になったり,徹底的に争うことになると考える方もいらっしゃると思います。しかし,弁護士は当事者双方の希望を確認した上で,適切な落としどころにもっていくという解決を行います。本件は,そのような解決を目指したため,早期に解決することができたというケースとしてご紹介いたします。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。

離婚専門ページTOPへ