離婚 解決事例|【解決事例】離婚に際して浪費を主張されたものの,考慮せずに離婚を成立させた事例|静岡事務所

ご相談窓口

054-201-9677

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

054-201-9677

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

【解決事例】離婚に際して浪費を主張されたものの,考慮せずに離婚を成立させた事例

ご相談内容

相談者様は,長年夫からの暴言に耐えてきましたが,子らの後押しもあり,別居,離婚を決意しました。夫の暴言があったことから,弁護士の介入による調停離婚を希望してご相談にいらっしゃいました。

解決事例

離婚調停においては,夫は,自身で取り付けた銀行口座の取引履歴などからまとまった出金を取り上げては浪費と主張して返還を求められましたが,年代ごとにあった大きな行事等を特定し,家族のために費消されたことを説明するなどして夫の納得を得て無事に離婚を成立させることができました。

ポイント

調停はあくまでも話し合いですので,調停で離婚を成立させるには相手方の不満や疑念がどこにあるかを正確に把握して,説得的に主張し相手方を納得させることが必要です。本件では,相手方の細かい主張について,必要十分な限度で証拠も添えて反論したことで相手方の理解を得ることができました。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。

離婚専門ページTOPへ