離婚 解決事例|【解決事例】もともと支払いの約束がなかった状態から,財産分与として600万円以上取得した事例|静岡事務所

ご相談窓口

054-201-9677

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

054-201-9677

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

【解決事例】もともと支払いの約束がなかった状態から,財産分与として600万円以上取得した事例

ご相談内容

もともと,配偶者との間で離婚については合意できていましたが,普段からお金の管理は相手方が行っていたので金銭的なことは全くわかりませんでした。
お金のことは何もなく離婚をするよう迫られているのですが,何もできないのでしょうか。

解決事例

依頼をうけて,直ちに調停を申し立てました。
そして,婚姻費用をきちんと受け取りながら,財産分与の協議を行いました。
そうしたところ,全く知らなかった財産が開示されて,最終的には財産分与で600万円以上受け取り,離婚が成立しました。

ポイント

離婚をすること自体,何も悪いものではありません。
ただ,離婚となれば決めなければいけないことが多くあります。
特に,婚姻期間中に財産管理を一方が行っていた場合には,情報等も偏在しているため,相手方は財産を開示しないことがよくあります。

このような場合には,結論が大きく変わってくるので,弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士費用

詳細はこちらをご覧ください。

離婚専門ページTOPへ