相続 解決事例|一部の遺産だけ分割が完了していた事例|静岡事務所

ご相談窓口

054-201-9677

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

054-201-9677

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

一部の遺産だけ分割が完了していた事例

ご相談内容

父が亡くなった際に,直ちに判明した預貯金については既に遺産分割が完了し,法定相続人の兄弟からも署名捺印と印鑑証明書をもらったのですが,今になって一人の兄弟から,①遺産分割未了の財産の分与,②分割が終了している分に関しても,自分は署名捺印していないこと,の主張がありました。 どのように対応すれば良いでしょうか。

解決事例

遺産分割のやり直しを主張するご兄弟からは遺産分割調停の申し立てがされておりましたので,遺産分割調停の中で話し合いを進めることとなりました。 署名捺印をもらった経緯,印鑑証明書を他人が取得することができないこと,実印と印鑑証明書は重要なものであり,内容も把握しないまま交付することはあり得ないこと,等を主張し,裁判所にも当方の主張を認めてもらいました。 弁護士が就いて主張を早期に組み立て裁判所にも納得してもらえたため,分割未了となっている財産を分与して,早期に解決することができました。

ポイント

遺産分割において、まず第1の問題は、遺産の所在・額などが分からないことです。被相続人の近くにいた家族が把握していることが多いのですが、その人が協力してくれない場合、なかなか把握しにくく、協議に入ることが難しい場合もあります。 今回は不動産を誰が取得するかということが争点となりましたが、評価額を低く見積もることで交渉できる場合もあり、今回の事例はそのような評価額を低くすることが有効であった例だと思われます。