相続 解決事例|交渉では一切対応がなかった相続人と調停で合意ができた事例|静岡事務所

ご相談窓口

054-201-9677

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

ご相談窓口

054-201-9677

受付時間 平日9:30から17:30まで

アクセスマップ

アクセスマップアクセスマップ
電話をかける電話をかける

解決事例

交渉では一切対応がなかった相続人と調停で合意ができた事例

ご相談内容

被相続人が亡くなったところ、直筆の遺言が出てきました。
そうしたところ、相手方とは一切連絡がとれなくなりました。
被相続人のことでいろいろとお話ししたいことがあるのに全く取りあってくれません。
なんとかなりませんか。

解決事例

とりあえず、交渉のテーブルに乗ってもらうために、金銭面が重要ではありませんでしたが、遺留分減殺請求(民法改正前、現在は遺留分侵害額請求権)を行いました。
やはり協議段階では全く連絡もとれなかったため、やむを得ず調停の申し立てを行いましたところ、相手方が調停に出廷いただけたので、調停委員会を通じて協議をすることができ、最終的には一定の合意をすることができました。

ポイント

本件について、すべて相手方が相続する遺言が存在したので、遺留分減殺請求が認められることは明らかでした。
しかし、相手方が交渉の土台に乗らない以上、調停手続を利用しましたが、第三者である調停委員の方たちが法的な説明を丁寧に行っていただいたことで、相手方も納得した上で調停合意をすることができました。

相続問題については、相手方が存在するものですので、どうしても相手方の対応によっては事件が進まなくなります。
相手方が誠実に対応してもらえず相続問題が進まなくて困っていらっしゃる方は一度ご相談をおすすめいたします。

相続専門ページTOPへ